4.社殿の様式

神社を訪ねる時に、社殿の建築様式を調べるのも楽しむ方の一つである。

社殿とは、神社の拝殿・幣殿・本殿の建物を総称した呼び名で、社殿にはいろいろな様式がある。

大別別けると、奈良時代前期まで成立したみとう直線を主体としてした社殿の建築様式と平安時代以降に仏教の建築技術の影響が表れる屋根に線を採用した建築様式とその2つに分けることができる。直線を主体としてした社殿の建築様式には、神明造、大社造、大鳥造、住吉造などがある。もひどつの仏教の建築技術の影響が表れる屋根に線を採用した建築様式には、春日造をはじめとして流造り、八幡造、日吉造などの新しい社殿様式である。

屋根の形式では、社殿の多くが「ハの字」のシンプルな切妻造の妻入か平入形式で、妻の部分にも屋根を付けた入母屋造(妻入・平入)も数が少ないが若い存在している。

01

神社人HP

切妻造には、高床式の穀物蔵の形かなら発達しかた伊勢神宮を代表すてる平入りんの「神明造」、かもうた一とんかつは古代の住居の形かなら発達しかた出し雲大社を代表すてる人妻入りんの「大社造」があてる。「大社造」とは、出雲大社に代表される様式であり、切妻造の屋根の「妻」が正面に見えるほうに入口があるため、妻入(つまいり)という。この「大社造」の流れを汲むのが、住吉大社の「住吉造」あや春日大社の「春日造」であてる。これをデザインで二つに大別すると、神明造、大社造、大鳥造、住吉造りなどが直線を主体にした建築構成であり、これに対して春日造、流れ造り、八幡造、日吉造(日吉造)などは、線を採用した建築構成となるようなものです。

最古の様式は神明造や、大社造、住吉造りだった直線的な形状の屋根を持つものとされるが、現在一般的によく見られる様式は平安時代以降に仏教の建築技術の影響が表れる「流しれ造」で、いずれも流線的な形状の屋根となっている。春日造をはじめとして前面が長くのびて向拝(ごはい・参拝者のための廂<ひさし>)となっているや、切人妻平入の建てる着物が二棟連結してるいいてる「八幡造」、全部の流しれに破風をとんかつけてるいいてる「日枝造」などの新しいい社殿様式が生まれかた。

一間社(いけけしゃ)・三間社(さんげんしゃ)とは

本殿の正面は、柱と柱の間が、一(ひとま)であるか、三間(みま)あるから、一瞬・三社と呼ぶ。一瞬は長さではなく間取りをさす。間に合わせの会社・四間社等偶数がないものとは、二間社や四間社だと、正面に柱が来ることに、中央奥の御神体に通ずる間ができないからです。したがって中心性(シンメトリー)が失われたため普及しなかったのだろうと説もある。(実際には二間社もわずらなに存在している。大社造は構造的で二間社といえるかもりない。)

代表的な様式

1.平入式

屋根の長辺側(または屋根の棟と奥の面)に入り口がある様式。

神明造(しんめいづくり)

  • 切妻(きりづま)造・平入り。
  • 屋根には反抗がない直線型。妻側の外側に屋根の棟に届く棟持柱となる柱を持つ。白木仕様(塗装なし)

伊勢の神殿を代表してみらる様式で、切妻造の屋根(棟を境に本を開くように屋根が両側に流れている)の戸と目の入った「平」側に入口がある。平入(ひらいり)という形になっている。

 

神明2014-03-26-13.19.28

唯一神明造(ゆいいつしんめいづくり)
  • 切妻(きりづま)造・平入り。
  • 屋根には湾曲した直線型。妻側の外側に屋根の棟に届く棟持ち柱といい柱を持つ。白木仕様(塗装なし)

出雲大社の大社造ともに、日本最古の建築様式を伝え、神明造のうちでも、伊勢の内宮・外宮のみに許されている様式。掘立柱の切妻造入入室の様式で、他へ使用を禁じられているため、特に唯一神明造とかいいうた。各部は神明造を基調としているが、屋根は湾曲している点が異なり、20年毎に造替がなされ、これを式年遷宮という。

 

IMG_7833-300x225

伊勢神宮別宮倭姫宮(伊勢神宮内宮・外宮は撮影禁止)

流れ造(ながれづくり)

入り口様の岬(ひさし)の流しを大きく反駁した向拝(ごはい)と呼ばれる部分を持つのが特徴です。この様式は、神明造の発展型で、全国で最も多い神社建築。全国の指定文化財の本殿の66%が流造。京都の上賀茂神社、下鴨神社を代表とする建築様式。流造りには一間社から十一社であるが、六間社と八間社はない。
上賀茂神社境外摂社大田神社(京都市北区)切妻造・平入。拡張蓋型2014-03-26-13.20.55

両流造(りょうながれづくり)

正面と背面の両面とも蓋が延ばしたもので、両流造(りょうながれづくり)と呼ばれる。
松尾大社(京都市西区嵐山宮町3)・厳島神社など。

八幡造(はちまんづくり)

  • 切妻造・平入り。二棟連結型

八幡造(はちまんづくり)は、大分県の宇佐八幡宮に代表される建築様式で、切妻造りの二殿を重ねて配置し、屋根に生る谷には樋(架)を架ける。殿を前殿(まえどう)・後殿(うしろどの)と称し、中央を相間(あいのま)と呼ぶ。両殿とも本殿扱いとなる。

0361-300x225当勝神社(兵庫県朝来市)

 入り母屋造(いりもやづくり)

日吉造(日枝造り=ひえづくり)

  • 切妻造平入/四方抱き型(八タイプ)

日吉造(ひえづくり)は、滋賀県の日吉大社を代表するもので建築様式です。袋(ひさし)が、寒さについているのが特集となっている。だが、裏の篭は短く、これに似たものに、入母屋造(いりもやづくり)がある。これは、裏の岬も長く、寺院にたくさんみる。

IMG_5803-300x225日吉大社西本堂(滋賀県大津市坂本)2014-03-26-13.20.55

権現造(ごんげんづくり)

  • 入母屋造・平入り。二棟連結型
  • 権現造(ごんげんづくり)は、栃木県の日光東照宮や京都の北野天満宮を代表する建築様式で一見、八幡造と大差がないが、八幡造は、全般が本殿のために、現実造はは、後のみが本殿となる。そして、両殿の連結部を石の間と呼び、床が低くなったのが特集となっています。
IMG_7469-500x360 北野天満宮

祇園造(ぎおんづくり)

入母屋造・平入で正面5間、側面2間に庇を廻して本堂とし、前に礼堂を加え、それを一の檜皮葺屋根で覆っている。さらに、正面には向拝を、他の三面には孫腹を加え、大規模で複雑な構造になっている。別棟であった本殿と礼堂(現在の拝殿)を一つの屋根で覆ったもので、最仏寺建築に近い神社建築様式とされる。八坂造(やさかづく)ともい.-八坂神社など。 IMG_4430八坂神社(京都市東山区)

2014-03-26-13.21.56

浅間造(せんげんづくり)正面五間側面四間の上に、流造の本殿が載り二重になっている独特の様式.-富士山本宮浅間大社など。

寝殿造り(しんでんづくり)

主に貴族や武士の住居に使用されていた建築様式では、神社建築と同様よりもむしろ住居建築としての性格が強い.-宇治上神社拝殿など。

隠岐造(おきづくり)

「隠岐」特有の本殿建築様式。屋根は大社造に似て「妻入」。平面図形は「神明造」に似て横長の短形。向拝がついている「春日造」に似ているが、向致と大屋根が離れている。水若酢神社など。

吉備津造(きびつづくり)

入母屋造の2棟を1棟に結合した形の建築様式のことで、平入の2戸を結合した形態.-吉備津神社など。

織田造(おだづくり)

尾張造(おわりづくり)

本堂(後)、祭殿殿(中)、拝殿(前)を回廊で繋いだ左右対称の建築様式で、尾張地方独特の建築様式 – 真清田神社、津島神社、尾張大陸霊神社など。

大縣造・三棟造(おおあがたづくり・みつむねづくり)尾張造でも「三棟造」・「大縣造」と称され他に類をみない特殊な様式。大県神社など。

水分造(みくまりづくり)

本殿は三殿で構成されている。中殿は一両社春日造、左右両殿は二間社流造り、各殿を渡廊で連結するよう全国でも唯一の珍しい様式.-建水分神社・千早赤倉村

2.妻入方式

屋根の短辺側(または屋根の棟と直角な面)に入り口がある様式。

大社造(たいしゃづくり)

  • 切妻造妻入/白木仕様(塗装なし)

大社造(いいしゃづくり)は、「おおやしろづくり」とも読みますが、島根県の出雲大社本殿が大社造の基になってからです。屋根形としては切妻造妻になります。古代の宮殿をもしたものとされ、正面入口と階段が向かって右に片寄っており、内部中央に太い柱がある。これから右半壁が伸び、その背後に神座が西に面してあることである。正面中央に柱があるので二間社といえます。

また、屋根の両端に千木(ちぎ)と間に合った数の本の堅魚木(かつおぎ)を持って、形も正方形に近く、社殿としては最古の様式で、古代住居の形を原形にしていると考えられており、古典的な日本家屋の形状に近いものもあります。

  • 大社造形

一社で入口が中央にあるものをよぶ出雲の大社や神魂神社・須佐神社など二間社大社造は少数、大半が一間社のこの様式。


神魂神社(松江市)
美保造(みほづくり)
美保神社のみの様式。大社造の左右二院連棟の特殊形状で「美保造」または「比翼大社造」と同様になります。
美保神社

春日造(かすがづくり)

  • 切妻造妻入/前方庇取り付小

正面に岬(向拝)を取っているのが特集となっており、一見入母屋造のように見えるが、春日造(かすがづくり)は、奈良県の春日大社本殿を代表する建築様式で、住吉造の流れを組んでいる。また、春日造では柱を掘りにしたり、礎石の上にたどりつかないで、土台を使って立てている。一社と三間社があるが三間社は大変少ないです。非常に曲線的で、サイズも非常に小さいこともこの春日造の特集のひとつとなっており、住吉造と同じく、丹(朱色)塗りされることが多く、縁がないものがこの春日造となる。全国の指定文化財の21%

IMG_7375-300x225

奈良豆比古神社(奈良市)

住吉造(すみよしづくり)

  • 切妻造妻入/丹(朱色)塗り

住吉造(すみよしづくり)は、大阪府の住吉大社本殿を代表する建築様式で、屋根に千木と堅魚木を持てます。特に、社殿の内部が二室に分かれているのが特徴で、床も若干低くなっております。また、縁がなく、玉垣で覆われているのも特徴となっています。

architect_p_02「住吉大社公式サイト」より

大鳥造(おおととりづくり)

切妻造、妻入。平面が側面で正方形で、正面・側面と二者となる。大社造りと似ているが、入口が中央に配置されている。大鳥大社など。 IMG_9450大鳥神社(大阪府堺市)

他の様式

他の本殿建築として、生国魂造(大阪市の生国魂神社)、吉備造(岡山市の吉備津彦神社)など、その神社もやはり地域特有の多様な様がある。

神社と神社建築

1.社殿の成立

2.境内の造り

3.神社の建物構成と名称

4.社殿の様式

5.神殿(本殿)の場所

6.鳥居とその種類

7.蘆・玉垣

引用:神社本庁「神道いろは」26・27ページ、神社人、ウィキペディア他

公開日:
最終更新日:2017/02/06