CATEGORY 日向編

【日本神話】 第4巻「日向編」 第2章 海幸・山幸

■海幸・山幸 火の中から産まれてきた三人の子供のうち、お兄さん(ホノスソリノミコト1)は海で釣りをするのが上手だったのでウミサチヒコ(海幸彦)と呼ばれ、弟(ヒコホホデミノミコト2)は山で狩りをするのが上手だったのでヤマサチヒコ(山幸彦)とよばれました。 [註] *1 『日本書紀』では火闌降命、『古事記』ではホデリノミコト・火照命 *2 『日本書紀』では主に彦火火出見尊、『古事記』ではホオリノミコト […]

【日本神話】 第4巻「日向編」 第1章 天孫降臨

■日向神話の構成 日本神話の中心は古事記・日本書紀にみえる神話です。この2つの書の神話は必ずしも同じではないが、全体としては1つの筋をもっていて、日本国と皇室の創生の物語が中心となっています。その物語の舞台は3つあります。出雲(今の島根県)、そして日向(今の宮崎県)と大和(今の奈良県)です。(高天原を加えれば4つ) 出雲の場合は大方が独立した物語で展開します。それに対して、日向と大和の場合は、天・ […]