CATEGORY (養父町)

村社 玉水神社

概 要 社 号 玉水神社 読 み たまみずじんじゃ 所在地 兵庫県養父市玉見字宮ノ上38 旧地名 但馬国養父郡軽部郷垂水村 御祭神 不詳 垂水公の祖、賀保真若命 『国司文書 但馬故事記』 例祭日 10月16日 社格等 近代社格制度 旧村社 創建   年代不詳 本殿様式 境内摂末社(祭神) 天満天神社 一口メモ 国道9号線上筒から大屋町へ向かう県道6号線を西へ。または国道9号線八木から琴引トンネルで […]

村社 軽部神社

  概 要 社 号 軽部神社 読み: かるべ 所在地 兵庫県養父市上箇(あげ)499-2 旧地名 但馬国養父郡軽部郷 御祭神 軽部大神(カルベノオオカミ) 『国司文書別記 郷名記抄』 彦白髮命 例祭日 10月15日 社格等 近代社格制度 旧村社 創建     創立年月不詳 本殿様式  流造 境内摂社(祭神) 一口メモ 旧道から上筒公会堂先を右折すると山裾だが、国道9号線からは上筒交差点を […]

村社 十二所神社(養父市十二所)

概 要 社 号 十二所神社 読み: じゅうにしょ 所在地 養父市十二所字宮ノ上82 旧地名 但馬国養父郡軽部郷 御祭神 十二所大神(ジュウニショノオオカミ) 『国司文書別記 郷名記抄』(天延三年・975) 例祭日 10月15日 社格等 近代社格制度  旧村社 創建      不詳 本殿様式 境内摂社(祭神) 一口メモ 国道9号線上筒交差点を左折し、大屋川に沿って県道6号線を大屋へ1.9km向かい、 […]

式内 楯縫神社(養父)

概 要 社 号 式内社 但馬国養父郡 楯縫神社 読み: 古 タテヌヒ、現 たてぬい 江戸時代は「妙見宮」と称していた 所在地 兵庫県養父市建屋字宮山839 旧地名 但馬国養父郡遠屋郷(建屋郷) 御祭神 彦狹知命(ひこさしり のみこと) 例祭日 10月12日 社格等 古代社格制度『延喜式神名帳』(式内社) 山陰道:560座 大37座(その内 月次新嘗1座)・小523座 但馬国(タヂマ・たじま):13 […]

式内 社内神社

概 要 社 号 式内社 但馬国養父郡 社内神社 読み: 古 モリウチ。現 もりうち 江戸時代は「淺尾大明神」と称していた 所在地 兵庫県養父市森字カカナベ919 旧地名 但馬国養父郡遠屋(建屋)郷杜内村 御祭神 杜内大明神 「国司文書 但馬神社系譜伝」守公の祖 大確命 例祭日 10月10日 社格等 古代社格制度『延喜式神名帳』(式内社) 山陰道:560座 大37座(その内 月次新嘗1座)・小523 […]

郷社 斎(いつき)神社

概 要 社号 郷社 齋神社 読 み:古 イツキ 現 いつき 所在地 兵庫県養父市長野字東山265 旧地名 但馬国養父郡建屋郷 御祭神 天太玉命(アメノフトダマ) 手置帆負命(タオキホオイ)  彦狹知命(ヒコサシリ) 例祭日 10月9日 「お走り祭り」 社格等 近代社格制度 旧郷社 創建     伝:聖武天皇の天平2年(西暦730年) 本殿様式 境内摂社(祭神) 歳徳金社、招魂社 摂社楯縫神社 式内 […]

式内 宇留波神社

概 要 社 号 式内社 但馬国養父郡 宇留波神社 読み:古 ウルハ 現 うるは 所在地 兵庫県養父市口米地字藪下1 旧地名 但馬国養父郡養父郷中米地村宇佐原(養父郡養父市場村大字口米地) 御祭神 許乃波奈佐久夜比賣命(コノハナサクヤヒメ) 大穴牟遅命妃(オオナムチノミコトヒ) 『国司文書 但馬故事記』には、養父県主・宇留波命 例祭日 10月9日 社格等 古代社格制度『延喜式神名帳』 山陰道:560 […]

名神大 水谷神社

概 要 社号 式内社 但馬国養父郡 水谷神社 名神大 読み:古 ミツタニノ、現 みずたに 所在地 兵庫県養父市奥米地字中島235 旧地名 但馬国養父郡 御祭神 天照皇大神(延喜式神名帳では不詳) 丹波道主命 「国司文書 但馬神社系譜伝」 例祭日 10月17日 秋季例大祭 例祭後に「ほいやら踊」と「ネッテイ相撲」、子供相撲の奉納が行われる。 社格等 古代社格制度『延喜式神名帳』 山陰道:560座 大 […]

但馬五社 名神大 養父神社

概 要 社号 名神大社 養父神社 式内社 但馬国養父郡夜夫坐神社五座 (名神大二座小三座) 読み:古 ヤフニイマス 現 やぶ 所在地 兵庫県養父市養父市場字宮ノ谷827-3 旧地名 但馬国養父郡養父郷市場村 御祭神倉稻魂命(うかのみたまのみこと) 少彦名命(すくなひこなのみこと) 大己貴命(おおなむちのみこと=大国主命) 谿羽道主命(たにはのみちぬしのみこと) 船帆足尼命(ふなほそこねのみこと) […]