CATEGORY 旧浜坂町(二方郡)

村社 弥栄神社

概 要 社 号 弥栄神社 読み やさかじんじゃ 滝田神社 『国司文書 但馬故事記』 所在地 兵庫県美方郡新温泉町対田1009 旧地名 二方郡二方郷滝田村 御祭神 主祭神 素盞嗚命スサノオノミコト 配祀神 稲田姫命イナダヒメノミコト 保食神ウケモチノカミ 玉櫛入彦命(事代主命)・滝田彦命 『国司文書 但馬故事記』 御神紋 例祭日 4月14日 社格等 近代社格制度 旧村社 創建   年代不詳 本殿様式 […]

村社 木本神社

概 要 社 号 木本神社 読み きもとじんじゃ 庭津日神社 祭神 庭津日神(大年命の子、素盞鳴尊の孫)『国司文書 但馬故事記』 所在地 兵庫県美方郡新温泉町三谷59-2 旧地名 二方郡大庭郷大木本村 御祭神 神速素盞雄命カミハヤスサノオノミコト 御神紋 例祭日 9月15日 社格等 近代社格制度 創建   年代不詳 本殿様式 境内摂末社(祭神) 一口メモ JR山陰本線と並行して浜坂駅の東、国道178 […]

村社 五十鈴神社

概 要 社 号 五十鈴神社 読み いすずじんじゃ 与等神社 祭神 彦太忍信命ヒコフツオシノマコトノミコト 『国司文書・但馬故事記』 所在地 兵庫県美方郡新温泉町用土2 旧地名 二方郡田公郷与布土 御祭神 天照皇大神アマテラススメオオミカミ 御神紋 例祭日 9月17日 社格等 近代社格制度 旧村社 創建   年代不詳  (『国司文書 但馬故事記』(天延3年 975)に記載あるのでそれ以前) 本殿様式 […]

村社 山宮神社

概 要 社 号 山宮神社 読み やまみやじんじゃ 中古は山神権現 所在地 兵庫県美方郡新温泉町七釜1409 旧地名 二方郡田公郷七釜 御祭神 主祭神 大山祇神オオヤマツミノカミ 配祀神 伊弉諾神イザナギノカミ 伊弉冊神イザナミノカミ 誉田別神ホムダワケノカミ 素盞嗚尊スサノオノミコト 御神紋 例祭日 9月29日 社格等 近代社格制度 旧村社 創建   年代不詳 本殿様式 境内摂末社(祭神) 文化財 […]

村社 長田神社

概 要 社 号 長田神社 読み ながたじんじゃ 古称 田公社 のち長田牛頭天王と称していた 別 名 所在地 兵庫県美方郡新温泉町栃谷(田君)1079 旧地名 二方国田公郷長機村(のち栃谷) 御祭神 主祭神 素盞嗚尊スサノオノミコト 配祀神 稲田姫命イナダヒメノミコト 大国主尊オホクニヌシノミコト 秦酒公・天稚日霊女命 『国司文書・但馬故事記』 御神紋 例祭日 10月13日 社格等 近代社格制度 創 […]

為世永神社

概 要 社 号 為世永神社 読み いよながじんじゃ 難棹カネサシ諸寄神社 「二方郡神社神名帳」 所在地 兵庫県美方郡新温泉町諸寄3239 旧地名 二方郡大庭郷諸寄村 御祭神 主祭神 伊弉諾尊イザナギノミコト 配祀神 伊弉冊尊イザナミノミコト 塩土翁命シホツチオジノミコト 事代主命コトシロヌシノミコト 御神紋 例祭日 7月15日 社格等 近代社格制度 無格社 創建   年代不詳 本殿様式 一間社春日 […]

村社 三柱神社(新温泉町釜屋)

概 要 社 号 三柱神社 読み みはしらじんじゃ 塩釜神社 『国司文書・但馬故事記』 所在地 兵庫県美方郡新温泉町釜屋1 旧地名 二方郡大庭郷釜屋村 御祭神 須佐之男命スサノオノミコト 澳津彦命・澳津姫命・火産霊命・櫛八玉命・宇都志奈賀命 『国司文書・但馬故事記』 御神紋 例祭日 10月19日 社格等 近代社格制度 旧村社 創建   年代不詳 本殿様式 境内摂末社(祭神) 文化財 釜屋三柱神社レン […]

村社 大杉神社

概 要 社 号 大杉神社 読み おおすぎじんじゃ 所在地 兵庫県美方郡新温泉町久斗山1279-2 御祭神 主祭神 五十猛命イソノタケルノミコト 配祀神 素盞嗚命スサノオノミコト 大名己智命オオナムチノミコト (大己貴命) 雷大臣命 『国司文書 但馬故事記』 御神紋 例祭日 10月1日 社格等 近代社格制度 旧村社 創建     年代不詳 (天平19年(747)『国司文書 但馬故事記』) 本殿様式 […]

村社 三柱神社(新温泉町三尾)

概 要 社 号 三柱神社 読 み みはしらじんじゃ 御火神社 『国司文書・但馬故事記』 江戸時代は「三宝荒神」と称していた 所在地 兵庫県美方郡新温泉町三尾54 旧地名 二方郡二方郷 御祭神 神速素盞嗚命カムハヤスサノオノミコト 五十狭沙別大神・息長帯姫命(神功皇后)・帯仲彦天皇(仲哀)鎮座す。 『国司文書別記 但馬郷名記抄』 御神紋 例祭日 10月9日 社格等 近代社格制度 旧村社 創建   年 […]

村社 宇都野神社

概 要 社 号 宇都野神社 読 み うつのじんじゃ 江戸時代は、牛頭天王宮(祇園社)と称していた 別 名 所在地 兵庫県美方郡新温泉町浜坂2456-4 御祭神 大国主命オオクニヌシノミコト 配祀神 素盞嗚命 稲田女命 宇津野真若命(二方国造)『国司文書・但馬故事記』 御神紋 例祭日 10月8日 秋の例祭 別命「菊の節句」ともいわれ浜坂、芦屋の氏子が弊を捧げて参拝する。 7月18日 夏の例祭 但馬三 […]