UA-57376432-3

神社拾遺

日本のランドマーク

神社基礎知識

calendar

reload

歴史

神社建築は寺院建築の影響のもとで発生し、日本の上古の建築を復古的に採用し、仏教建築のデザインを意識的に排除しつつ成立したと考えられる。神社建築の特徴の一つとしては、その様式の尊重がある。神社建築は、一宮などの各有力神社において固有の様式を採っており、なおかつ、その固有の伝統的な様式を維持しようと努めている。そのため、神社建築の様式を解明することは、その神社の祭神の性格を知る上で重要な手がかりの一つとなる。後にできた神社においても、建立当初の様式を保つものが多い。

社号-神社の名称

神社へ行くと鳥居の傍らに神社の名前が刻まれた石柱が建てられています。これを社号標といいます。 延長5年(927年)、延喜式神名帳に記載された神社を式内社といい、このように...

詳しくはこちら

1.神道(しんとう)について

街中の赤い鳥居、田んぼの中のこんもりした森、山の頂の小さな社、全国至るところに神社はあります。神社のある風景、それは映画やドラマでもおなじみの、ごく身近な、しかし日本にしか...

詳しくはこちら

神道は宗教なのか?

神道は宗教なのか? 神道は宗教なのか?特定の何かの偶像を崇拝信仰するのが宗教であるとすれば答えは否です。神道は、日本の数ある宗教観念の中でも最も古い部類に属します。しかし、宗教と...

詳しくはこちら

神社の数

「神社人DB」によれば、神社の数は、全国およそ8万8,000社以上に上ると言われ、仏教系寺院よりも数が多く、日本で最も多い文化建造物のひとつとなります。その内、有人神社(神職者が常...

詳しくはこちら

3.神道と仏教の違い

仏教と神道が、日本人の社会で広く一般的に受け容れられている宗教であることは、周知の通りです。もちろん、キリスト教を信仰する人もいるわけですが、今日、日本におけるキリスト教信者の数は...

詳しくはこちら

2.神道の歴史

自然神信仰からはじまった神道(しんとう) 神道の基本的精神は、まさに、自分次第ということになるのでしょうか。それだけ、曖昧かつ寛容な考え方と言えます。これは結局、原始宗教としての...

詳しくはこちら

まつり ー「祀り」「祭り」「奉り」「政り」

「祀り」「祭り」「奉り」「政り」 「まつり」の語源と原義 「まつり」とは、祭るの名詞。神仏に物を献上したり、感謝や祈り、慰霊のために神仏および祖先をまつる行為(儀式)である祭祀...

詳しくはこちら

4.神道の古語の意味

神社も神様や神社にまつわる物事には難しい旧字体の漢字が当てられていて、読み方が難しいので最初のうちはさっぱり分かりませんでした。古来からの古神道は後から意味付けされたものも...

詳しくはこちら

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




folder 島根(石見国)

石見国一宮 物部神社
続きを読む...