1.官幣社と国幣社

官幣社と国幣社

官社とは、毎年2月の祈年祭に中央の朝廷の神祇官から幣帛を受ける神社のことであり、各官社の祝部(はふりべ)が神祇官に集まり幣帛を受け取っていた。その後、延暦17年(798年)に、引き続き神祇官から幣帛を受ける官幣社と、国司から幣帛を受ける国幣社とに分けられた。式内社では、官幣社が573社737座、国幣社が2288社2395座である。国幣社が設けられたのは、遠方の神社では祝部の上京が困難であるためとされるが、遠方でも重要な神社は官幣社とされている。

官幣社
朝廷管理(現在で言うところの中央政府管理)=官幣大社:198社304座/官幣小社 :375社433座

国幣社
各国国司管理(現在で言うところの各都道府県庁管理)=国幣大社:155社188座/国幣小社:2133社2207座

この場合の大小は、当時の社勢の違いによるものとされていた。また、官幣社が、中央直轄系となるため、京都を中心とした畿内に集中し、国幣社は、逆に、全て畿外(地方)に指定されていた。さらには、これら式内社の中から、特にその霊験が著しく高いという意味を込めて、「名神」のタイトルを賜る神社もあり、その全てが大社であったことから、「名神大社」と呼ばれる神社もあった。ちなみにこの時に、「神宮」の称号を付されていたのが、伊勢神宮と鹿島神宮、香取神宮の三社のみであり、こちらもかなり別格扱いされていたということが分かる。

ただ、そのような官社制度も、律令制が崩壊後、中央の基準から外れることとなり、明治時代に改めて、官幣社/国幣社を用いた社格制度が復活するようになった。しかし、そのタイトルは同じでも、意味は相当異なるため、こちらの場合には、やはり「式内社」と表記された上で、実際の社格が表示されるなどの違いがある。

公開日:
最終更新日:2016/05/03