式内 多伎芸神社

      2017/02/12

2014-04-06-18-41-59

概 要

社 号 式内 多伎芸神社
読み: 古 タキゝ、現 たきき
式内社 出雲国神門郡 多伎藝神社
江戸時代は「雷明神」「津野大明神」
所在地 島根県出雲市多伎町口田儀1365
旧地名 出雲国神門郡
御祭神
多伎伎比売命(たききひめ のみこと) 大加牟須美命(おおかむすみ のみこと=意富加牟豆美命とも記す) 伊邪那伎命(いざなぎ のみこと)
例祭日 10月19日

社格等

『延喜式神名帳』(式内社)
山陰道:560座 大37座(その内 月次新嘗1座)・小523座
出雲国 187座(大2座・小185座)
神門郡(カムト):27座(並小)

『出雲国風土記』「多伎枳社」

近代社格制度 旧村社

創建     慶雲2年(705)勧請
本殿様式   大社造変態 銅板葺

境内摂末社(祭神)

多支々社 金刀比羅神社

一口メモ

多伎神社と多伎芸神社。似た社名だが多伎神社のある山陰本線の小田駅と違い田儀駅で1956年9月30日 簸川郡岐久村、田儀村が合併し、多伎村となるまでは田儀村だった。さらに谷あいにあるので意外と遠かった。出雲国最西端にある式内社。

歴史・由緒等

出雲国風土記には、在神祇官社としての多伎枳社と、不在神祇官社としての多支々社とがある。
多伎枳社が式内多伎芸神社であり、多支々社は現在境内社となっている。祭神等で両社に混乱がある。
雷大明神と称し、氏子は古来雷災を受けず、他村の人も当社の守札を所持すれば雷除けになるという。
「延喜式神社の調査」さん

境内・社叢

  2014-04-06-18.41.59

(日没近いのでぶれている)          鳥居

手水舎

   

狛犬

  
狛犬が三対連なる

  
拝殿                   拝殿扁額

本殿

  

本殿右境内社 多伎支神社         境内社 金比羅神社

地名・地誌

地 図

島根県出雲市多伎町口田儀1365

交通アクセス・周辺情報

参 考

「延喜式神社の調査」さん、

 - 出雲市(神門郡) ,