久美浜町(熊野郡) 京丹後市 官社(式内社) 旧村社 京都(丹後国)

伊吹神社(式内 意布伎神社)

概 要

社号 伊吹神社
読 み:古 イフキ、現 いぶき
延喜式神名帳 式内社 丹後国熊野郡 意布伎神社
読み:
所在地 京都府京丹後市久美浜町油池
旧地名 丹後国熊野郡
御祭神 氣吹戸主神(イブキドヌシノカミ)
例祭日 4月15日

社格等

古代社格制度『延喜式神名帳』
山陰道:560座 大37座(その内 月次新嘗1座)・小523座
丹後国(タンゴ):65座(大7座・小58座)
熊野郡(クマノ):11座(並小)
式内社

近代社格制度 旧村社

創建     垂仁天皇の朝丹波道主勸請
本殿様式   流造板葺

境内摂社(祭神)

清水神社・天満宮・八幡神社・厳島神社

一口メモ

北近畿タンゴ鉄道宮津線・甲山駅の狭いガードを抜けて、南500mほどの油池に鎮座。国道178号線から669号線を300mほど南下し、西へ入って油池(ゆいけ)集落の奥。かつての郷は、川上谷川東岸は海部郷なので近いから同じだと思うけどかわからない。

歴史・由緒等

天皇の朝丹波道主命の勸請せられた處にして、式内村社で天正4年11月 村中大火に際し神社も類焼の厄にかかり、文書寶物等一切焼失せりという。海部村大 字油池にも伊吹神社あり、元油池に鎮座せるを嘉慶年間兵火の為頽廃せるにより字三分に移轉せりとの説あれど、徴證すべき正確な文書乏しければ、その正否を断ずる事 困難なり。而して当社殿は明治22年の改築にして、明治40年3月神饌幣帛科供進 神社として本郡村社中第1位に指定せられた。

意布伎明神と唱え尊崇された古社で、延喜式内社である。
ユウケイ)の地名は意布伎(イブキ)と称したが、和銅年間郷名を好字を撰 び・現在の油池と名付けたと伝える。
伊吹神社とあるが、社号標にも意布伎神社とある。
「全国神社祭祀祭礼総合調査」 神社本庁 平成7年

『丹後舊事記』には、崇神天皇朝、旦波道主勧請。

気吹戸主(いぶきどぬし)

神道において祓(はらえ)を司どる神で、祓戸四柱(はらえどよはしら)の一神。『延喜式』の「六月晦大祓の祝詞」に記されている瀬織津比売(せおりつひめ)・速開都比売・気吹戸主・速佐須良比売の四神を祓戸四神といい、これらを指して祓戸大神と言うこともある。祓戸(祓所、祓殿)とは祓を行う場所のことで、そこに祀られる神という意味である。「気吹」は気を吹くで、海原にある風の動きを神格化した神とされる。瀬織津比咩によって運ばれた罪穢れは、速秋津日咩により飲み込まれ、この気吹戸主神が根の国に吹き去ってくれる。

・瀬織津比売(せおりつひめ) もろもろの禍事・罪・穢れを川から海へ流す
・速開都比売(はやあきつひめ) 海の底で待ち構えていてもろもろの禍事・罪・穢れを飲み込む
・気吹戸主(いぶきどぬし) 速開津媛命がもろもろの禍事・罪・穢れを飲み込んだのを確認して根の国・底の国に息吹を放つ
・速佐須良比売(はやさすらひめ) 根の国・底の国に持ち込まれたもろもろの禍事・罪・穢れをさすらって失う

境内・社叢


鳥居・社号標

  

参道石段                       石段途中にある摂社

   

社殿                          拝殿と本殿

境内傍らに石をくり抜いた手水鉢がそのまま置いてある。

地名・地誌

地 図

京都府京丹後市久美浜町油池

交通アクセス・周辺情報

参 考

コメントを残す