船井郡京丹波町 官社(式内社) 旧郷社 京都(丹波国)

式内 酒治志神社

概 要

社 号  式内 酒治志神社
式内社 丹波国船井郡 酒治志神社
読み: 古 サカチシ 現 すじし
江戸時代は「質志大明神」「質志山王大権現」
所在地 京都府船井郡京丹波町三ノ宮宮ノ本2
旧地名 丹波国船井郡

御祭神
伊邪那岐尊(いざなぎのみこと) 伊邪那美尊(いざなみのみこと)
例祭日 10月15日後の日曜日

社格等

古代社格制度『延喜式神名帳』
山陰道:560座 大37座(その内 月次新嘗1座)・小523座
大37座(就中一座月次新嘗)小523座
丹波国(タンバ):71座(大5座・小66座)
船井郡(フナイ):10座(大1座・小9座)

近代社格制度 旧郷社

創建     天保4年に創建1000年祭執行の記録
本殿様式   流造

境内摂社(祭神)

一口メモ

山陰道/国道9号線 を右折して 綾部街道/国道173号線 に入る
5.1 kmで三ノ宮(交差点) で斜め左に折れ、400 m。

歴史・由緒等

当社は延喜式内社で近隣では数少ない歴史的神社である。創建は火災による古文書類焼失のためつまびらかでないが天保4年に創建1000年祭執行の記録が残されている。
古くから五穀豊穣・安産守護の神として崇敬篤く古風な社殿・境内の老杉等が歴史の古さを物語っている。
創建祝賀大祭は50年毎に行われており近くは昭和58年に1150年祭が盛大に執行された。
社名は近接の質志の里や「シュチシ」はアイヌ語で「山麓」の意からとの説もある。

「社頭掲示板」

境内・社叢

  
社叢                         鳥居扁額


手水舎

  
拝殿 (舞殿)                    向拝


本殿

  
本殿左境内社                    境内社

地名・地誌

地 図

京都府船井郡京丹波町三ノ宮宮ノ本2

交通アクセス・周辺情報

参 考

『延喜式の調査』さん、他

コメントを残す