和田山町(朝来郡) 朝来市 旧村社 兵庫(但馬国)

村社 二宮神社(朝来市和田山町和田山)

概 要

社 号 二宮神社
読 み にのみやじんじゃ
和田山二宮神社 『国司文書 但馬故事記』
所在地 兵庫県朝来市和田山町和田山493
旧地名 但馬国朝来郡賀都郷和田山村
御祭神 正勝吾勝勝速日天忍穂耳尊マサカツアカツカチハヤヒアメノオシホミミノミコト
天道根命・大国主彦坐命 『国司文書 但馬故事記』
例祭日 10月17日

社格等

近代社格制度
創建   年代不詳
本殿様式

境内摂末社(祭神)

西宮神社・金比羅神社・稲荷神社他1社

一口メモ

「但馬のゑべっさん」として毎年1月120日は参拝者で賑わう。但馬のゑべっさんは他に豊岡市日高町宵田の日枝神社西宮神社、養父市八鹿町八木の八木西宮神社などがある。
和田山税務署のすぐ西隣の細い道を入る。

歴史・由緒等

創立年月不詳
祭神は確実なる資料なきも赤渕神社々伝によれば、表米親王の第2王子朝倉殿と云い、朝来故事記には天之道根命、大国主命、彦座命*1なりと伝う。
寛政2年(1790)本殿及び同覆を建立し、文化8年(1811)拝殿を建立せり。
明治6年(1873)10月村社に列し昭和2年(1927)拝殿を改築せり。

「兵庫県神社庁」

人皇62代村上天皇天暦5年秋8月 十八位下、和田山守部ニギタヤマモリベを以て朝来小領と為す。
和田山守部はその祖、天道根命および大国主彦坐命を賀都邑に祀り、和田山二宮神社と申しまつる。

右は国司の解状に依りこれを進上す。
朝来郡小領八位ノ下 和田山守部
天暦8年甲寅きのえとら3月22日

『国司文書 但馬故事記』第二巻・朝来郡故事記

同書の最後に記される神社で、同書完成時点(延長3年・925年)では最も新しい神社。ただし、加都ではなく和田山に鎮座している。加都には村社加都神社。同時代の同じ国司文書・但馬郷名記抄には加都郷和田山村が記載されているので、加都村とあるのは和田山村の誤記かも知れない。

*1 『国司文書 但馬故事記』第二巻・朝来郡故事記からみると、「朝来故事記には天之道根命、大国主命、彦座命」ではなく、大国主の彦座命。

境内・社叢

  
鳥居                    手水舎

  
  
二の鳥居                 御神門

    

境内                   手水舎

  

御神木

  

拝殿                   拝殿扁額

  

本殿渡り廊下               本殿覆屋

本殿右手境内社 金比羅神社・稲荷神社

  

境内左手 西宮神社(ゑべっさん)・他1社

 

地名・地誌

地 図

兵庫県朝来市和田山町和田山493

交通アクセス・周辺情報

JR山陰本線「和田山駅」より南東へ900m
ホームページ

参 考

コメントを残す