川西町・三宅町・田原本町(磯城郡) 旧村社 奈良(大和国)

皇子神命神社

 

概 要

社 号 皇子神命神社

式内社 大和国十市郡 皇子神命神社
多坐弥志理都比古神社 境外摂社
読み:古 ミコ-、現 すめみこのみこと
一般には みこのかみじんじゃ
所在地 奈良県磯城郡田原本町大字多字三ノ宮ノ内245
旧地名 大和国十市郡
御祭神 皇子神命(みこのかみ のみこと)
例祭日 4月20日

社格等

『延喜式神名帳』(式内社)
畿内:658座(大231座・小427座)
大和国:286座
286座 大128座(並月次新嘗・就中31座預相嘗祭)・小158座(並官幣)
十市郡(トヲチ) 19座(大11座・小8座)
近代社格制度 旧村社

創建    不詳
本殿様式  なし。祠のみ

境内摂末社(祭神)

一口メモ

小杜神社の西。
鳥居も拝殿もない、祠だけだった。これは、わかりずらい。

歴史・由緒等

多坐弥志理都比古神社摂社。現在は仮の姿として多神社に合祀されている。
小杜神社の南、飛鳥川沿いの森が社叢であるが、現社殿はない。
多神社の皇子神の一つ。
「多神宮注進状」は祭神を瓊々杵命の別称とする。

境内・社叢

  

地名・地誌

多神社参照

地 図

奈良県磯城郡田原本町大字多245

交通アクセス・周辺情報

参 考

コメントを残す