神社建築

神社建築

神社建築は、社殿建築(しゃでんけんちく)ともいます。神社建築は寺院建築の影響のもとで発生し、日本の上古の建築を復古的に採用し、仏教建築のデザインを意識的に排除しつつ成立したと考えられる。神社建築の特徴の一つとしては、その様式の尊重に意味があります。神社建築は、一宮などの各有力神社において固有の様式を採っており、なおかつ、その固有の伝統的な様式を維持しようと努めている。そのため、神社建築の様式を解明することは、その神社の祭神の性格を知る上で重要な手がかりの一つとなります。後にできた神社においても、建立当初の様式を保つものが多いのです。


[境内略図:出雲大社公式ページより]

鎮守の森に囲まれていることが多い神社の入口には、境内(聖域・神域)と俗界の境界を示している『鳥居』の門があり、その奥の社殿にまで『参道』が長く通じています。

鳥居には入り口の正門に当たる『第一鳥居』(または一の鳥居)だけではなく、それに続く『第二鳥居』、さらに『第三鳥居』がある神社もあります。鳥居の周囲から神社・神域の周囲にめぐらされる垣(柵)のことを『玉垣(たまがき)』といい、瑞垣(みずがき)ともいます。

参道の途中には手と口をすすいで清めるために湧き水を溜めた『手水舎(てみずや,ちょうずや)』がある。

今日の神社建築は、一般に、本殿(ほんでん)・幣殿(へいでん)・拝殿(はいでん)』が中心である。神社を訪れると、本殿の手前に拝殿(礼拝用の建物)が建っており、賽銭箱が置いてある。拝殿は参拝者が祈祷などを受ける場所になっていることもある。

[catlist id=465808]

147 total views, 3 views today