神社建築

1.社殿の成立

神社(じんじゃ・かむやしろ)とは 神社(じんじゃ・かむやしろ)とは、神道の信仰に基づき作られた、恒設の祭祀施設。鳥居の内の区域一帯を、神霊が鎮まる神域とみなす。神社によっては伊勢神宮のように式年遷宮の習わしがあり、数年ご […]

神社建築

7.塀・玉垣

透塀(すきべい) 主に本殿の周囲の塀に用いられる。屋根付き塀の一種で、腰長押(なげし)と内法(うちのり)長押の間に吹抜きの堅連子または菱格子をはめ込み、内外が透けて見えるようになっているため、この名がある。 蕃塀 伊勢神 […]

神社建築

2.境内の造り

施設 鎮守の森という森林に囲まれていることが多い神社の入口には、境内(聖域・神域)と俗界の境界を示している『鳥居』の門があり、その奥の社殿にまで『参道』が長く通じている。 鳥居には入り口の正門に当たる『一の鳥居』だけでは […]

神社建築

4.社殿の様式

神社を訪ねる時に、社殿の建築様式を調べるのも楽しむ方の一つである。 社殿とは、神社の拝殿・幣殿・本殿の建物を総称した呼び名で、社殿にはいろいろな様式がある。 大別別けると、奈良時代前期まで成立したみとう直線を主体としてし […]