日高地区(気多郡日置郷・高田郷・高生郷・養父郡) 豊岡市日高町(気多郡) 官社(式内社) 兵庫(但馬国)

式内 売布神社(豊岡市日高町国分寺)

概 要

社号 式内社 但馬国気多郡 賣布神社
読み: 古 ヒメフ、現 めふ
所在地 兵庫県豊岡市日高町国分寺字山ノ脇797
旧地名 但馬国気多郷高田郷石立村(射楯)
御祭神 大賣布命
配祀 毘沙門天 稻荷大明神
例祭日 10月15日

社格等

古代社格制度『延喜式神名帳』
山陰道:560座 大37座(その内 月次新嘗1座)・小523座
但馬国(タヂマ・たじま):131座(大18座・小113座)
気多郡(ケタ):21座(大4座・小17座)
式内社

『気多郡神社神名帳』記載三ニ社のひとつ

近代社格制度  旧村社

創建      不詳
本殿様式    流造板葺

境内摂社(祭神)

三柱神社

一口メモ

但馬国府推定地の祢布ケ森遺跡(豊岡市役所日高総合支所前)の北、国道312号線国分寺トンネル南出入口の東下。当店から最も近い式内社。だからか、いつでも行けるので最も遅くなった。というか境内からして村の小さな神社であるし、そんなご立派な式内社だったとあとで知ったのである。

歴史・由緒等

創立年月不詳

往古は石立村の西南字祢布ヶ森*1に鎮座ありしを中古字天神という同村東の山腹に遷す*2。

然るに同所は大雨の為、境内大いに損ぜしかば文久2年(1862)現境内に移転せり。

王朝時代延喜式の制小社に列し万延元年本殿を再建し、明治6年(1873)10月村社に列せらる。大正10年(1921)本殿の屋根替えあり。

-「兵庫県神社庁」-

『国司文書 但馬故事記』
人皇十二代景行天皇三十二年夏六月、
伊香色男命の子、物部大売布命は、日本武尊(やまとたける)に従い、東夷を征伐せしことを賞し、その功により摂津の川奈辺(川辺)・多遅麻(但馬)の気多・黄沼前(城崎)の三県を賜う。
大売布命は多遅麻に下り、気多の射楯宮に在り。多遅麻物部の祖なり。

物部連大売布命、長く天皇に仕え、人皇十三代成務天皇の六十年多遅麻に還る。

人皇十五代神功皇后立朝の二年五月二十一日、
気多の大県主物部連大売布命薨ず。寿百五十歳。射楯丘(1)にもがりす。

「日高村郷土誌」
当社は延喜式内の神社にして、元は石立村に在りしが、同村の国分寺村と合し国保村と改称せしにより、今の所属村名往古と異なれり。
「神名帳考証」には、当社祭神を埴安姫、又は「但馬式社鎮座考」には売布神社埴安姫命 禰布森大明神 高田庄石立坐とせり。

当社は大洪水のため、中世には天神山に鎮座しており、
文久二年(1862)、大雨で境内が荒れたため元の現社地に遷座した。

1 2
『式内社調査報告』古社地

豊岡市日高町祢布(禰布ヶ森遺跡)
豊岡市日高町国分寺(天神山に小祠) 荒神神社境内

明治維新の際に国分寺境内から遷された村社・荒神神社がある。

 

境内・社叢

IMG_6163  

神社前の石立旧道               社号標・社殿(2012.1.16 冬の雪対策)

IMG_6156

本殿覆屋

IMG_6158  IMG_6162

拝殿棟彫刻               神社木札

境内社

地名・地誌

高田郷
夏栗・久斗・禰布(祢布)・石立・国分寺・水上

石立
(*1)射楯丘
「太田文」気多郡高田郷石立村
石立のもとは射楯。

国分寺

古くは国保村。
国分寺村、石立村が国分寺区となっている。

地 図

兵庫県豊岡市日高町国分寺797

交通アクセス・周辺情報

参 考

「延喜式の調査」さん他

コメントを残す