式内 塩野上神社

投稿者: kojiyama 投稿日:

概 要

社 号 式内社 因幡国八上郡 鹽野上神社二座
読み:古 シホノカミ、現 しおのうえ
所在地 鳥取県八頭郡八頭町塩上287
旧地名
御祭神 彦火火出見命(ヒコホホデミ) 鹽土老翁(シオツチノオジ)
合祀 稲生神 愛宕神
例祭日 4月 19日

社格等

古代社格制度『延喜式神名帳』
山陰道:560座 大37座(その内 月次新嘗1座)・小523座 大37座(就中一座月次新嘗。) 小523座
因幡国(イナバ):50座(大1座・小49座)
八上郡(ヤカミ):19座(並小)
式内社

近代社格制度 旧村社

創建
本殿様式

境内摂社(祭神)

一口メモ

船岡駅から南へ4Kmほど。大江神社の北、約1km手前にある。道部ぶちだが、土地の人に聞いて少し入った場所にあるが、ずいぶんひっそりしている。

歴史・由緒等

文徳実録(879)に、志保濃神社を式内社とし神階、「従5位下」を授ぐとありました、927年の延喜式神名帳の八上郡の条にも当社、2座が載っている。
因幡誌には、二囲余の榎が両側にあり、その奥に社殿があった。1756年(宝暦6)当社2座のうち一社が再建された。
神主は、大江神社の林左京亮藤原忠継。鳥居は、1828(文政10)のものである。
平成6年12月
船岡町教育委員会

「社頭掲示板」

境内・社叢

  
社叢                        鳥居


神社由緒案内板

  
拝殿                        拝殿・本殿

地名・地誌

地 図

鳥取県八頭郡八頭町塩上287

交通アクセス・周辺情報

参 考

Follow me!


0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA