蒲生郡日野町 滋賀(近江国)

式内 馬見岡綿向神社

概 要

社 号 馬見岡綿向神社
読 み うまみおかわたむきじんじゃ
式内社 近江国蒲生郡 馬見岡神社 二座
所在地 滋賀県蒲生郡日野町村井705
御祭神 天穂日命あめのほひのみこと 天夷鳥命あめのひなとりのみこと 武三熊大人命たけみくまうしのみこと
御神紋 雲に二羽雁
例祭日 5月3日

社格等

古代社格制度『延喜式神名帳』
東山道 式内社382座 大42(うち預月次新嘗5) 小340
近江国 155座 大 13座 小 142座
蒲生郡 11座  大1座  小10座
近代社格制度 旧県社
創建   欽明天皇6年始て社を綿向山に建、延暦15年(796)に里宮として、現在の地に遷
本殿様式 三間社入母屋造千鳥破風唐破風付 間口三間五尺 奥行三間三尺

境内摂末社(祭神)

村井御前社 八幡宮 榊御前社 稲置三磨神社 玉椿神社 寵之神社 北野神社 稲荷神社 池ノ神社 富士浅間神社 金比羅神社 神明社 蛭子神社 大将軍社 野神社

(境外)笠懸神社 大嵩神社 佐久奈度神社

文化財

石造燈籠(国文化財)

本殿、日野曳山祭(県文化財)

一口メモ

日野町は初めて訪れる。武三熊大人命は、綿向山に坐す神で、天穂日命の子に当たる。

歴史・由緒等

社伝に神武天皇の時、彦健忍雄心命が出雲国より天穂日命に供奉し来り綿向山に鎮祀した。欽明天皇6年、蒲生稲置三磨山部連羽咋に託宣ありて創めて祠を造営す。
天武天皇12年、篠谷川厩上の地に奉遷す。此地に天夷鳥命の祠がありて合せて祀る。
更に延暦15年現在の地に遷座する。延喜式神明帳に祀する馬見岡神社の論社である。
其後、後白河天皇勅願の事あり、又高倉天皇は安元2年勅額を奉納され、治承2年中宮建礼門院御安産の祈願等社伝に記されている。
文治元年、後鳥羽天皇勅願あり。神主出雲宿禰の家は上古より連綿と奉仕し新撰姓氏録左京神別に出雲宿禰天穂日命の子天夷鳥命之後也と見え出雲家が古くから奉仕していた。遠孫出雲貞尚の時北朝の戦禍あり。
建武5年五辻宮守良親王足利氏に抗す。貞尚は志を親王に通ず。
康正3年蒲生貞秀は神田畠三箇所を免税とし毎年神共を献じている。
弘治3年蒲生定秀は祭礼を再興し、蒲生氏の一族及び家臣郎党領内120人郷の郷土を集め再興した。
天亀2年蒲生賢秀の協力を得て社殿を造営す。天正12年羽柴秀吉剣一口を奉納す。同15年社殿を修造する。
蒲生氏郷の援助を得る。慶長8年徳川家康より社領十石を寄附す。以来社領十石の寄進を受ける。
将軍家光のとき朱印状を受け代々の将軍より社領安堵の朱印状を受けた。
寛文3年神主重信の時に神仏分離を行い社僧を廃す。
宝永5年徳川綱重の代官竹田喜左衛門政為は社殿を修造する。
享保18年宝鐘寺宮理豊尼公御不例に際し当社に祈願あり、後菊花紋章の提燈を寄附される。
享和3年氏人中井良祐光武拝殿を造営す、是より先天明4年光武の子尚武舞殿を寄附す。
文化6年更に絵馬殿を造営す。現在の本殿は宝永4年蒲生家の家臣勝長半兵衛なる者が、宮奉行となり氏子中の寄進により建立されたものである。
明治9年郷社に列し、19年内務省より保存資金百円を下賜、同26年有栖川宮熾仁親王神号の額を揮毫、同40年県社に列す。

「滋賀県神社庁」

境内・社叢

IMG_2146  IMG_2122

注連柱                  広大な敷地

IMG_2130  IMG_2123

手水舎

IMG_2124

御由緒案内石碑

IMG_2125   IMG_2126

拝殿前狛犬

IMG_2127  IMG_2128

この地域に多い立派な太鼓橋がここにも

IMG_2129

拝殿

IMG_2132   IMG_2133

御本殿前狛犬

IMG_2131  IMG_2137

御本殿(県文化財)

IMG_2134  IMG_2136

境内左手 村井御前社          本殿右手境内社 榊御前社

IMG_2135  IMG_2138

猪像                   金比羅神社 右手に境内社群

IMG_2139  

神明社                  北野神社

IMG_2141  

北野神社左の臥牛             玉椿神社

IMG_2143  IMG_2144

蛭子神社

地名・地誌

地 図

滋賀県甲賀市甲南町森尻310

交通アクセス・周辺情報

ホームページ

参 考

コメントを残す