香住区(美含郡) 美方郡香美町(美含郡・七美郡) 旧村社 兵庫(但馬国)

村社 香住神社

概 要

社 号 香住神社
読 み かすみじんじゃ
別 名

所在地 兵庫県美方郡香美町香住区香住241

旧地名 但馬国美含郡香住郷香住
御祭神 天御中主尊アメノミナカヌシノミコト
配祀神 大己貴命オオナムチノミコト 少彦名命スクナヒコナノミコト 香住彦命カスミヒコノミコト

香住彦命 『国司文書・但馬故事記』

御神紋
例祭日 10月5日

社格等

近代社格制度 旧村社
創建   延喜22年(922) 『国司文書・但馬故事記』
本殿様式 正面一間、側面二間 大正五年( 1916) (神社誌)

境内摂末社(祭神)

 

文化財

一口メモ

JR山陰本線の香住駅手前、県道11号香住バイパスから少し曲がりながら通玄寺の隣。踏切すぐ。

歴史・由緒等

創立年月不詳

初め天御中主尊を香住村香住字伊原に鎮座す相殿の大己貴命、少彦名命は当村開拓の祖神なり。
但馬国守黒田大連武運長久を祈り但馬国造竹野君、同船穂足尼命巡郡に際し、所領安堵を祈り宿祷に際して一宮と仰ぐと伝う。
明治6年(1873)10月村社に列し、同38年(1905)在来天御中主尊一柱となりしを大己貴命、少彦名命の脱漏編入せり。
大正2年(1913)火を失して本殿、本殿覆、拝殿等は烏有に帰し、昭和13年(1938)社殿以下を再建せり。

「兵庫県神社庁」

『国司文書・但馬故事記』に

人皇33代推古天皇35年春2月 佐須地公の子香住彦を以て、美含県主と為す。香住彦は市場を開き、貨物を交易す。(香住)郷名は地広と云いて霞 靉靆アイタイす*1。故に霞猪と名づく。篠多く地を覆う。故に篠生原と云う。

人皇60代小野天皇の延喜22年(922)春3月 佐自努公美主を以て主政に任じ、坂合部義直を以て主帳に任ず。

佐自努公美主はその祖香住彦を香住丘に祀り、坂合部義直はその祖山迹子命を坂合丘に祀る。香住神社・米子神社これなり。

 

*1 靉靆 雲や霞(かすみ)などがたなびいているさまを意味する熟語

境内・社叢

IMG_2387  IMG_2388

鳥居・社号標               参道

IMG_2389  IMG_2390

石段の脇の坂道を登ると長い平坦な参道が続く

IMG_2391  IMG_2392

御神門                  手水舎

IMG_2393  IMG_2400

拝殿                   扁額

IMG_2394  IMG_2399

右手境内社

IMG_2398  IMG_2397

IMG_2396  IMG_2404

右手境内社                左手境内社

地名・地誌

地 図

兵庫県美方郡香美町香住区香住241

交通アクセス・周辺情報

ホームページ

参 考

コメントを残す