船井郡京丹波町 旧村社 京都(丹波国)

質美八幡宮

概 要

社 号 質美八幡宮
読み:しつみ
所在地 京都府船井郡京丹波町質美庄和ノ上46
旧地名 丹波国船井郡
御祭神 「品陀別命」(応神天皇)
例祭日
質美の曳山行事 http://kuchitanshrine.my.coocan.jp/shitsumihikiyama.html

社格等

近代社格制度 旧村社

創建
本殿様式
境内摂社(祭神) 高良神社、厄除神社、松尾神社、若宮神社、高良神社、武内宿禰社、荒神社

文化財

八幡宮本殿 府登録文化財
八幡宮文化財環境保全地区 府文化財環境保全地区
八幡宮境内 町指定文化財(史跡)
質美の曳山行事 登録無形民俗文化財

一口メモ

国道27号バイパスができている旧国道からJR下山駅のへ府道26号線を北西に4.1 km進む。
八幡神社は、全国で稲荷神社に次いで2番めに多い神社なので、すぐ分かるだろうと思いきや、質美地区は高原で開けており、府道277号と26号線を行ったり来たりして時間がかかってしまった。

長い参道は荘厳。歩くとかなり距離がある。車で参道と並行して林道が走っているので、鳥居そばまで行ける。

歴史・由緒等

創祀の時期は平安時代で詳細は不明ですが、現在の本殿は寛政8年(1796年)に再建されたそうです。
また明治維新まで境内にあった薬師如来は天平十二年(740年)の建立と言われています。
道路に面した一の鳥居から、約500mの広く長い参道が延び、二の鳥居をすぎると勾配のきつい石段の上に社殿が見えてきます。
境内には松尾神社、若宮神社、高良神社、武内宿禰社、荒神社、厄除神社と多くの摂末社があります。

平安時代に社殿が建立されたという歴史ある神社で、本殿と産子集会所は京都府の登録文化財となっています。境内にある樹齢約400年のスギ・ヒノキ並木は京都自然200選に選ばれました。
また、10月中旬には山鉾・屋台が巡行する曳山行事が行われます。

境内・社叢

  
社号標                  一ノ鳥居

  
鳥居・手水舎

  
二ノ鳥居                 神楽殿(舞殿)

  
本殿


本殿側面

本殿右境内社 高良神社・厄除神社

  
参道脇境内社          拝殿右下の境内社

産子集会所

地名・地誌

地 図

京都府船井郡京丹波町質美庄和ノ上46

交通アクセス・周辺情報

参 考

「口丹波の社」さん

コメントを残す