美方郡新温泉町(二方郡) 旧温泉町(二方郡) 旧村社 兵庫(但馬国)

池田神社(美方郡新温泉町塩山)

概 要

社 号 池田神社
読 み いけだじんじゃ
所在地 兵庫県美方郡新温泉町塩山字池田202

旧地名 二方郡刀岐郷壱岐村(推定)
御祭神 主祭神 軻遇槌神カグツチノカミ
配祀神 句々迺馳神ククノチノカミ 金山彦神カナヤマヒコノカミ
御神紋
例祭日 10月24日

社格等

近代社格制度 無格社
創建   年代不詳
本殿様式

境内摂末社(祭神)

 

一口メモ

塩山の手前右手に折り返して坂道を登り、ヘアピンカーブを登ると右手に大きな杜と鳥居がある。その高い場所に鎮座。

歴史・由緒等

(由来は不明)
「兵庫県神社庁」

主祭神 軻遇槌神カグツチノカミは火の神、配祀神の句々迺馳神ククノチノカミは木の神。金山彦神は鉱山の神。

『国司文書・但馬故事記』神社神名帳にある「壱岐神社 祭神 雷大臣命」は、その壱岐という地名から、この池田神社ではないか。

人皇5代孝昭天皇元年夏5月 刀岐波彦命の子、布伎穂田中命を以て、布多県国造と為す。布伎穂田中命は志波山宮に在りて国を治む(志波山 塩山あり)

境内・社叢

img_0373  img_0378

社頭                   石畳の参道が美しい

img_0377  img_0374

拝殿 右手に少祠の境内社

img_0375  img_0379

本殿覆屋・拝殿             道沿い左手に古い御神燈の部材が集められ祀られている

地名・地誌

『国司文書別記 但馬郷名記抄』刀岐郷
刀岐波村・塩屋村・壱岐村・土師部
いまの中辻・塩山・塩山字池田・飯野
鎌倉後期の『大田文』に、すでに塩屋は鹽山(鹽は塩の古字)、刀岐波村は中辻に、壱岐は消滅している。
壱岐村は今のどこにあたるのだろうと神社を捜すと、塩山字池田とある池田神社ではないだろうか。池田は壱岐田であり、元明天皇の好字二字令(諸国郡郷名著好字令)により、佳字で二文字を使用することを奨励し、池田となったのでは。このころ人口・田畑の増加によって、村境があいまいになり、塩山に合わさったのではないだろうか。

地 図

兵庫県美方郡新温泉町塩山202

交通アクセス・周辺情報

参 考

コメントを残す