村社 八坂神社(豊岡市竹野町奥須井)

   

img_0587

概 要

社 号 八坂神社
読 み やさかじんじゃ

埴生田神社 美含郡佐須郷陶居村 祭神 贄土師部連祖大襲盤命ニエハジベノムラジノソオホソバノミコト 『国司文書・但馬故事記』
所在地 兵庫県豊岡市竹野町奥須井無番地

旧地名 美含郡佐須郷陶居村
御祭神 須佐之男命スサノオノミコト
御神紋
例祭日 10月1日

社格等

近代社格制度 旧村社
創建   白凰年間(661~683) (雄略天皇17年(473) 『国司文書・但馬故事記』)
本殿様式

境内摂末社(祭神)

稲荷神社

一口メモ

県道11号線竹野から西へ約3.5km。下記の『国司文書・但馬故事記』の「埴田陶人は、その祖、大襲盤命オホソバノミコトを陶居丘に祀り、埴生田神社と申しまつる。」が、竹野町に他の小丸、鬼神谷と同じ羽入という地名があるので、そちらだと錯覚していた。陶居は須井で、古くは佐須郷である。今の豊岡市竹野町浜須井・奥須井。

歴史・由緒等

伝え云う。白鳳年間須佐之男命海上より御舟にて切浜川尻に着船あらせられ、同所字トンホウシ山嶺に燈明ひかり、神徳顕現せしかば、土民直に社殿を造営せしに創まるという。
中古再び神託を奉じ奥須井字入河原へ遷座せり。
明治6年(1873)10月村社に列し同26年(1893)社殿境内神社と共に流失し、同30年(1897)之を再建す。

「兵庫県神社庁」

人皇21代雄略天皇17年(473)春4月 出雲国土師連ハジノムラジの祖・吾笥アケ部属ミヤツコ、阿故氏人等部属を率いて、阿故谷*1に来たり、清器スエキを作る。阿故は赤土なり。
よってハニを延ばすことを名づけて、ヒクと云う。ゆえにその場所を蕩森ヒクノモリとも云う。(蕩は止呂呂久トロログと云うべし。のち単に蕩と云い、また森とも云う。故に阿故を置く谷を蕩と云う) (式内阿古谷神社・森神社 豊岡市竹野町轟)

夏5月 気多郡陶谷スエタニの人、陶谷甕主スエタニノミカヌシ、部属を率いて、また来たり。(気多郡陶谷はいまの豊岡市日高町奈佐路 式内須谷神社:豊岡市日高町藤井)
小埦甕人オマリノミカヒトまた来たり。清器スエキを作る。
出石県埴野邑ハニノムラ埴田陶人は陶居邑スイムラに移住し、陶器・土器を作る(豊岡市竹野町奥須井)。のち土生に帰り、その業を営む。埴生邑*3は陶谷氏人この地に住み、その業を為すなり。(香美町香住区に土生があるが、「土生に帰る」とあるから出石県埴野邑では?今の豊岡市出石町桐野?埴生邑は竹野町羽入)
阿故氏人は阿居王(一に吾笥)を阿故谷丘に祀り、阿故谷神社と申しまつる。(蕩ノ森宮これなり)
陶谷甕主はその祖、野見宿禰ノミノスクネ命を陶谷丘*4 に祀り、陶谷神社と申しまつる。(斎主森宮これなり)
小埦甕人はその祖、建小埦根命を小埦丘*5に祀り、小埦神社と申しまつる。(豊岡市竹野町小丸)
埴田陶人は、その祖、大襲盤命オホソバノミコトを陶居丘に祀り、埴生田神社と申しまつる。

『国司文書 但馬故事記』(第六巻・美含郡故事記)

[註]
*1 阿故谷 今の豊岡市竹野町阿金谷にある石原神社は、人皇55代文徳天皇3年秋9月 日下部良氏がその祖、彦湯支命を祀ったものだと思われる。
*2 気多郡陶谷 今の豊岡市日高町奈佐路 (式内 須谷神社(豊岡市日高町藤井)
*3 埴生邑 今の豊岡市竹野町羽入
*4 陶谷丘 今の豊岡市竹野町須谷があるので院森神社かと思っていたが、院森神社の現在地は平地である。陶谷丘に祀りとあるから、鬼神谷の現八幡神社ではいか
*5 小埦丘 今の豊岡市竹野町小丸 現八坂神社

境内・社叢

img_0587  img_0588

川を渡る。

img_0590  img_0589

社号標                  鳥居

img_0591  img_0592

手水舎                         割拝殿

img_0598  img_0597

左右に2対の狛犬 手前は構え型、奥は一般的な座り型 構え型でピンとくるのは、出雲型。狛犬は来待キマチ石で江戸時代中期に、島根県松江市近郊から産出する来待石で彫刻した狛犬が、北前舟で日本海沿岸各地へ運ばれ建てられるようになった。

img_0602  img_0599

拝殿                           拝殿と本殿覆屋がつながっている

img_0603  img_0604

境内社稲荷神社                   浜須井から奥須井へ途中にJR山陰本線の古いレンガ橋梁

地名・地誌

『国司文書・但馬郷名記抄』(975)

美含郡佐須郷

地 図

兵庫県豊岡市竹野町奥須井

交通アクセス・周辺情報

ホームページ

参 考

 - 香住区(美含郡) , ,