国幣中社 別表神社 小浜市 名神大社 福井(若狭国・越前国)

若狭国ニの宮 若狭姫神社(若狭彦神社下社)

概 要

社号 若狭彦神社下社 旧)式内社( 名神大) 若狹比古神社二座
読み 古 ワカサヒコ 現 わかさひこじんじゃかみしゃ
所在地 福井県小浜市遠敷65-41
旧地名 若狭国遠敷郡
御祭神 豊玉姫命(とよたまひめ のみこと)
例祭日 3月10日

社格等

古代社格制度『延喜式神名帳』
北陸道 式内社352座…大14(うち預月次新嘗1)・小338
若狭国(ワカサ) 式内社42座(大3座・小39座)
遠敷郡(オニフ・おにゅう) 16座(大2座・小14座)
式内社(名神大)

中世社格制度   若狭国ニ宮
近代社格制度   旧国幣中社
社格制度廃止後  別表神社

創建     元正天皇養老5年(721)2月10日、上社より分祀
本殿様式   流造
境内摂社(祭神)

一口メモ

国道27号線小浜市東小浜駅口交差点を南下してすぐ西側。

歴史・由緒等

下社・若狭姫神社は、養老5年(721年)2月10日に上社より分祀して創建された。延喜式神名帳では「若狭比古神社二座」と書かれており、名神大社に列している。上社が若狭国一宮、下社が二宮とされた。元々は上社が祭祀の中心であったが、室町時代ごろから下社に移った。現在もほとんどの祭事は下社・若狭姫神社で行われており、神職も下社にのみ常駐している。 中世には社家の牟久氏が京の官人や有力御家人と結びつき、広大な社領を有した。

境内・社叢

  
随神門                  社殿

若狭姫神社は安産・育児に霊験があるとされ、境内には子種石と呼ばれる陰陽石や、乳神様とよばれる大銀杏などがある。

  
境内社 日枝神社             中宮神社

  
神楽殿(舞殿)              巨大な千年杉

地名・地誌

若狭国遠敷郡(オニュウ)
『続日本記』元明天皇の時代(707~715年)に「官命」が出され、「小丹生」から「遠敷」に。「おにゅう」に「遠敷」の字を当てたのは、「遠くまで黄金を敷き詰めた、秋の実りの豊かな土地」の意という説もある。

『若狭旧事考』「さて、遠敷という義(こころ)は美しき丹土(につち)の出るところ多し、故に小丹生(遠敷)といふ」

丹生とは、「辰砂(朱)」
遠敷の山中で、古い洞窟が発見され、「辰砂(朱)」が採取されたうえ、水銀含有が証明された。このことによって「丹生は水銀の産地」であり、なおかつ「遠敷は本来、小丹生」であったことが実証された。

ー若狭湾観光連盟ー

地 図

福井県小浜市遠敷65-41

交通アクセス・周辺情報

参 考

『延喜式の調査』さん、ウィキペディア-

コメントを残す