2.境内の造り

jinjakeidaizu1施設

鎮守の森という森林に囲まれていることが多い神社の入口には、境内(聖域・神域)俗界の境界を示している『鳥居』の門があり、その奥の社殿にまで『参道』が長く通じている。

鳥居には入り口の正門に当たる『一の鳥居』だけではなく、それに続く『二の鳥居』など複数ある神社もある。参道のそばには身を清める手水舎ちょうずや*1、神社を管理する社務所などがある。大きな神社では神池神橋もみられる。

社殿は本殿(神殿)や拝殿からなる。人々が普段参拝するのは拝殿で、神体がある本殿は拝殿の奥にある。本殿と拝殿の間に参詣者が幣帛を供えるための幣殿が設置されることもある。

神社の敷地(境内)には、その神社の祭神に関係のある神や本来その土地に祀られていた神を祀る摂社や、それ以外の神を祀る末社があり、両者をあわせて摂末社という。境内の外にある摂末社は境外社と呼ばれる。(伊勢神宮においては、末社を所管社と称している)

また、神仏習合が始まる奈良時代以降は、神社の境内に神を供養する神宮寺(別当寺、宮寺)が建てられたり、神社内に寺院が建てられたりしたが、明治初期の神仏判然令(神仏分離令)により、神社と寺院は分離され、神社の境内の五重塔や仏堂などは撤去され、僧侶と神官も区別された。

*1 手水舎の読み方は、ちょうずやの他に、ちょうずしゃ・てみずや・てみずしゃ。

神社の付属施設

多くの神社に共通する施設

鳥居(とりい)
参道(さんどう)
燈籠(とうろう)
狛犬(こまいぬ) – 神使、眷属の石造。
手水舎(ちょうずや) – 身を清めるための手水が用意されている。
拝殿(はいでん) – 本殿の手前にある参拝用の施設。
幣殿(へいでん) – 賽銭箱を置いて拝殿や本殿と一体化している場合が多い。
本殿・神殿(ほんでん・しんでん) – 神体の鎮座する建物。
摂社・末社(せっしゃ・まっしゃ)

他の付属施設

大きな神社にある付属施設や共通しない施設

神門(しんもん) ・随身門

神社に設けられる門。
随身門(随神門、ずいしんもん / ずいじんもん) 随身とは平安時代以降、貴族の外出時に警護のために随従した近衛府の官人であるが、神域に邪悪なものが入り来るのを防ぐ御門の神をまつる門のこと。お寺であれば「仁王門」。
楼門(ろうもん) 二階造りの門のことで、1重目には縁のみを持ち、最上重に屋根を持つもの。

注連柱(標柱、標縄柱、しめばしら)

二本の柱を立てその間に注連縄を張ったものをいう。諸説あるが、後に、補強の意味もあり、柱間に「貫(ぬき)」、柱の上部に「笠木(かさぎ)」が設置されるようになり、現在の鳥居の形状になったとのことである。鳥居については、6.鳥居とその種類

神馬(しんめ/じんめ) 神社に奉納された神が乗るとされる馬、あるいは祭事の際に使用される馬を指す。
・絵馬殿(えまでん) 小規模な神社では神馬の世話などが重荷となること、また高価であり献納する側にとっても大きな負担となることから、絵馬などに置き換わっていった。その絵馬を飾る建物。
・神馬像 同じ理由により等身大の馬の像をもって神馬としたもの。

神楽殿(かぐらでん)・舞殿(まいどの)   神楽を奉納する為の建物で舞殿(まいどの)ともいう。大きな神社以外では拝殿を兼ねた。

社務所(しゃむしょ) 神社を管理するための建物。
回廊(廻廊、かいろう)
玉垣(たまがき)・瑞垣(みずがき) 神社・神域の周囲にめぐらされる垣のこと.複数張り巡らされた場合、一番外側を荒垣ともいう。

形状は、厚板を並べた板玉垣、皮がついたままの木を用いた黒木玉垣、広く間を開ける透垣などがある。

材質は木や石、近年ではコンクリートによるものもある。玉垣には寄進した者の名前が刻まれることがある。

御旅所(おたびしょ)  神社の祭礼(神幸祭)において神(一般には神体を乗せた神輿)が巡幸の途中で休憩または宿泊する場所、或いは神幸の目的地をさす。巡幸の道中に複数箇所設けられることもある。御旅所に神輿が着くと御旅所祭が執り行われる。

 

遥拝所(ようはいしょ) 遥拝とは遠く隔たった所から拝むことで、江戸時代、村人が遠い伊勢神宮へお参りするのは憧れで、一生に一度あるかないかの名誉な大仕事だった。御講を積立て村の代表者がお伊勢参りを行っていた。境内に伊勢神宮遥拝所が置かれているのは伊勢神宮に行けない人々が伊勢神宮の方向へ拝むためのもの。伊勢神宮遥拝所の他には神武天皇遙拝所も多くの神社に設けられている。神武天皇の陵墓、神武天皇を祭神にした橿原神宮がある奈良県橿原市の方角に向いている。なぜ神武天皇なのかというと、西暦1940年(昭和15年)は初代神武天皇が即位して2600年目の年である「皇紀2600年」にあたる年で日本国内で様々行事が行われていたから。

神社と神社建築

1.社殿の成立
2.境内の造り
3.神社の建物構成と名称
4.社殿の様式
5.神殿(本殿)の部位
6.鳥居とその種類
7.塀・玉垣

公開日:
最終更新日:2016/12/10